ライフ

大学 生協推奨パソコンは買うべきか?なぜ高い?生協で買わない選択もあり

生協PCは不要

大学新入生向けの大学生協が推奨するパソコン(PC)は高いですよね。

入学金、授業料で100万円~150万円の出費に、さらに20万円のパソコン。

勘弁してほしい。。。

生協のパンフレットには

・新入生の7割以上が大学生協でPCを準備しています

・必要なソフトがあらかじめインストールされています

・4年間の動産保証が付いていて安心です

・台数限定。購入はお早めに。

入学前の不安な心理を突いたなかなかの広告ですね。
みんなと一緒であれば安心という同調圧力をやや感じます。

この不安を回避するために生協でPCを買ってしまいそうになります。。。

私も子供二人のために大学生(2020年、2021年)入学時にいろいろ調べて状況を整理しました。(私は生協PCは買っていません。)

私自身は現役のソフトウェアエンジニアでマイクロソフトオフィス(PowerPoint, Word , Excel)やプログラミングでいろいろなスペックのパソコンを仕事とプライベートで使った経験も多いので、その経験も踏まえ、本記事を作成しました。

参考になれば幸いです。

生協パソコンとは

生協パソコンは特別なパソコン?

大学(大学生協)と企業が提携して販売しているパソコンです。

パソコン自体は、ビックカメラなど量販店やメーカの公式サイトで売っているものとほぼ変わらないものです。

生協パソコンの特徴

・スペックに対して価格が高い

・在学期間4年間の保証がある

・学校内に相談できる場所がある

・故障時に代わりのPCを生協が貸してくれる

なぜ価格が高い(高く感じる理由)

まず、大学/生協側が優先させていることが「4年間動作すること」です。

持ち歩き可能なノートパソコンで4年間のメーカ保証に対応できるメーカは少ないので、割高ですが安心の国内メーカのPCが多いです。

国内メーカのほうが大学側も調整しやすいのでしょう。
(最近では、一部の大学で海外メーカのDELLなどのケースもあります。)

高価だが、頑丈で故障しにくいPanasonicのレッツノートが選ばれることが多いですね。
Dynabook GCX83 を提供している大学も多いです。

高価なPC本体に4年の保証が付くので、合計金額が高くなります。

ちなみにDELLのPCを扱っている大学では、4年間の保険込みで13インチのPCで13万円程度です。

また、細かいスペックを確認すると少しCPUが古いなど、割高な印象があります。

モノとしては良品なので、
PCに詳しくなく、あれこれ考えたくない人は、生協PCを選んで問題ありません。

20万円は安心料込みの価格です。子供には高級品だから大事に扱えと言っておくべきですね。

生協パソコンを買うべき人(買ってもいい人)

・家族にも友人にもパソコンに詳しい人がいない

・とにかく細かいことを心配をせずに4年間を乗り切りたい

・何かあったときに大学内で相談したい

ただし、生協PCは文系にはオーバスペックです。(こんな高いスペックは不要)

必要なソフト

必要なソフトはマイクロソフト オフィス(Microsoft Office)のみです

ほとんどの大学で、マイクロソフト オフィスのWord , Excel , PowerPointを利用します。

レポート作成にWord、実験で数値を整理しグラフにする時などに表計算ソフトのExcel、ゼミでの発表にPowerPointを利用します。

大学でオフィスのライセンスを用意して、インストールすると使える場合が多いです。

大学が用意しない場合は、マイクロソフト オフィスのランセンスを購入する必要があります。(ランセンスの購入はPCと別に購入可能です。Amazonで買えます。)

「必要なソフトがあらかじめインストールされています。」という生協の宣伝文句がありますが、大学で使うMS-Offfice以外のソフトは、入学してからインストールすることになるので、生協PCである必要はありません。

ほとんどの大学が、文系、理系に関係なく、同じPCを販売している時点で、必要なソフトがインストールしてあるというのは無理がありますね。
(学部や学科によって必要なソフトは変わります)

【参考】マイクロソフトオフィスを購入する場合は以下が参考になります。
*大学生用は必ずPowerPointが含まれているものを選択する必要があります。

【Office2021対応】Office 2021/Microsoft365 の違いと選び方。どれがお得かはPC台数で決まるパソコン購入時にMicrosoft Office(マイクロソフトオフィス)をどれを買ったらいいか悩みませんか。 しかも最近...

文系の場合

文系の用途

文系の主な用途としては、調べものをしてレポートを書くぐらいです。

文書作成の用途だけなら、生協PCはスペックが高すぎです。
(学生が悩むのは、大学側にPCを何に使うかの情報提供が少なく、必要スペックが分からないからですね。)

生協PCが、理系・文系の違いもなく、同じパソコンだということは、利用頻度が高い側に合わせて高スペックになっているのでしょう。

大学によっては先生側がデジタル化できていないケースがあるので、たまにしか使わないということがあります。

文系には

文系には

・DELLなどの13インチか14インチの6、7万円モデルで十分。
(重量も1Kg程度で持ち運び可能)

・故障が心配なら 1万円程度で4年保証を付けておく。

・マイクロソフト オフィスを大学が用意してくれない場合、+2万円が必要。

・故障で利用できなくなる期間を短くするために訪問修理などの上位の保証にする案もあり。

合計 10万円以内で買えそうです。

マシンの選定理由(以下のマシンは除外)
・15インチでもう少し安いモデルもありますが、重量が2Kgもあり持ち運びが大変です。
・12インチなどの小型モデルは持ち運びに便利ですが、価格が高くなります。

HDDモデルは買ってはダメです。必ずSSDモデルを買う。(HDDは遅すぎ)

理系の場合

理系の用途

工学部の場合、3、4年生になったときに生協PCではスペックが足りなくなるケースがあります。

卒業論文やレポート用のプログラミング、データ解析ソフトの利用などでPCが重たくて作業が進まなくなる場合があります。

あと、小さい画面はプログラミングに不向きです。13インチ以上は必要です。
Visual Stuio や Eclipseなどのプログラミング開発ソフトをインストールして、プログラミングを学んでいます。
(子供からいろいろ質問されました。。。 結構、先生の無茶ぶりが多い。)

特殊な用途としてCADソフトなどを使うと確実にスペックが足りないと思います。
研究室のPCが使えれば、それで足りるかも知れませんが、大学の研究室次第ですね。

自宅でガチで研究などやる場合は、デスクトップパソコンとディスプレイを10万円ぐらいで買ったほうがいいいですね。
デスクトップPCのほうが性能が高いものが安く買えます。

ノートPCはあくまでは、大学に持って行き、大学で使うものという割り切り。

理学部などで理論が中心だと高性能PCは不要な場合があります。
(入学して学科のカリキュラムによって変わるので在籍してみないと判断できません。)

理系には

最初は中程度のスペックのマシンを買っておいて、3年・4年生時にスペック不足で作業効率が悪いときに、古いPCを売って、新しいPCを買えばいいと思います。

高性能PCが必要ない場合(何も問題なければ)、そのまま4年間利用する。

大学院に進学する場合は、環境が変わるので学部生の4年間をどうするかを考えておけばいい。

まとめると(理系の場合)

・最初は中程度のスペックのマシンを購入(保険付きで10万円ぐらい)

・3年・4年生時に高性能PCが必要かを判断。必要なら買い換える。

・高性能PCが不要なら、そのまま4年間使用する。

<最初に購入するノートPC>
DELLやHPなどで14インチ画面の6、7万円モデルで十分です。

故障が心配なら 1万円程度で4年保証を付けておくのがいいです。
マイクロソフト オフィスを大学が用意してくれない場合、+2万円が必要。

合計 10万円以内で買えそうです。

ちなみにメモリを8GBから16GBの増設だけで、性能が上がる場合があります。
その時のメモリ価格に依存しますが、1万円前後で増設可能です。

ディスクはHDDモデルは買ってはダメです。必ずSSDモデルを買う。(HDDは遅すぎ)。メモリは最低8GB。

各大学の生協パソコンを紹介

2022年2月時点で各大学のホームページの掲載されていた情報です。

最新情報は購入前に確認してください。(大学のホームページか、入学案内のパンフレットに記載されています)

早稲田大学

安定重視のパナソニックのレッツノート(Let’s note)です。
約23万円で、スペックは高スペック。4年保証。

Let’s note QVシリーズ

OS Windows 10 Home (日本語版) 64ビット
CPU インテル Core i5-10210U プロセッサ(10世代)
画面サイズ 12.1インチ
メモリ 8GB
ディスク SSD 256GB
LAN 無線:802.11ax(WiFi 6)、有線:1000BASE-T
端子 アナログRGB(ミニD-sub 15ピン)、HDMI出力
バッテリ 約12.5時間
重量 約0.879kg

明治大学

4種類用意されていて選択肢があり良心的であるが、逆に悩みますね。
4年保証。16万円から18万円

dynabook GCX83、mouse mouse X4-i5 の3機種は、大体以下のようなスペック。
(細かいスペックの記載なし。正確な型番やモデルが分からないので詳細不明)

OS Windows 10 Home (日本語版) 64ビット
CPU インテル Core i5 11世代
画面 13インチ
メモリ 8GBー16GB
ディスク SSD 256GB
重量 0.959kg - 1.130kg

理系向けのハイスペックモデルが用意されています。

OS Windows 10 Home (日本語版) 64ビット
CPU インテル Core i7 11世代
メモリ 16GB
ディスク SSD 256GB
重量 1.130kg

マウスコンピューター(mouse)を選べるのは、なかなかいいですね。16万円しますが。

DELLで同程度のノートパソコンを購入する場合

とりあず7万円ぐらいのノートPCを買って2年ぐらい使ってみて、マシンの調子が悪くなったときや、スペック不足で動作が遅かったら、買い換える方針で問題ないと思います。

生協PCを15万円で買って4年間使うより、オンラインで割安なPCを買って2年後に買い換えて7万円x2台のほうがトラブルは少ない気がします。

4年間使えそうだったらそのまま1台を4年間使う。

大学に持って行くと落としたり、バッテリーが弱くなって交換が必要になる可能性があります。

ノートパソコン選定のポイント

・画面は、13インチか14インチ
・重量は1Kg ~ 1.5Kg
・ディスクは SSD (HDDは起動が遅いので不可)
・理系なら、CPUは Core i5 以上(Core i3はNG)

私も子供用に2年連続で今回紹介するDELLの同タイプの14インチノートPCを購入しました。(2020年モデル、2021年モデル)
・2020年の理系の子供の入学時に購入し、理系で問題なくプログラミングなどの課題をこなせています。

・2021年の文系の子供の入学時に購入し、レポートの課題やオンライン会議を問題なくこなせています。(もっとCPUスペックが低くてもいいぐらいでした)

14インチ画面のモデル(1) Inspiron 14 Intel 5410

104,969円 から 20%オフで 72,135円
春の入学シーズンには常に割引があります。

2022-Inspiron14 Intel
OS: Windows 11 Home (日本語版)
CPU :Intel Core i5-11320H ★ 高スペックCPU
メモリ: 8 GB
SSD:256GB
画面サイズ:14.0インチ
重量: パソコン本体約1.4 kg ★少し重い

14インチ画面のモデル(2) Inspiron 14 AMD 5415

94,869円 から 20%オフで 68,543円

2022/2/15にこの価格より少し値下げされていますね。

Inspiron 14 Intel 5410のCPUをインテル Core i5からAMD Ryzen 5 5500U に変更したモデル。
CPUの性能は大雑把にいうとCore i5に比べ10%程度落ちるが、価格を抑えたモデル。性能と価格を両立できたいいパソコンですね。

1年前に2021年入学の文系の娘にこれの1つ前の2021年モデル(Inspiron 14 5405)を購入(入学予定の大学の生協PCがこれぐらいのスペックだったので)

これぐらいの価格だと失敗してもいいかなと。

これにどこまで保証を付けるかだと思います。

2022-Inspiron14 AMD

OS: Windows 11 Home (日本語版)
CPU :AMD Ryzen 5 5500U 6コア/12スレッド ★高スペックCPU
メモリ: 8 GB
SSD:256GB
画面サイズ:14.0インチ
重量: パソコン本体約1.4 kg ★少し重い

【Inspiron 14 ノートパソコン (5425) の公式サイトはこちら】

DELLの保証

・4年引き取り修理  + 6,800円
・3年 Premium Support(訪問修理)  + 17,599円
・4年 Premium Support(訪問修理)  + 23,200円

2022-Dell-support

確実に手に入れるには即納モデルがいい

納期に注意。
即納モデルは、日本にPCがあるので3日から5日で届きますが、即納モデル以外は海外から発送されるので2週間ほどかかります。

即納モデルは以下のサイトで確認できます。
デル株式会社2022年2月時点で確認しましたが
2022年の入学なら以下のどちらかで問題ないと思います。

Dell2022年-即納モデル

■MS-Officeが必要なら、即納モデルでoffice付を選べばよい。

【Inspiron 14 ノートパソコン (5425) の公式サイトはこちら】

2022-Inspiron14 AMD-即納office付

アマゾンで買うのもアリ

アマゾンにも手ごろな価格で販売されています。

Windows10モデルとWindows11モデルがありますが、Windows10モデルも無償でWindows11にアップグレードできるのでどちらでも問題ありません。

アマゾンのPCは、確実に数日で届くので、アマゾンで購入するのもアリだと思います。DELLの直販と同じものです。(モデルが1世代前の場合もあり)

まとめ

いろいろ調べて悩みましたが、子供2人(理系・文系)にDELLの14インチのモデルを購入し、使っています。特に問題はありません。

理系の息子はプログラミングなどの課題をやるのに画面が小さいので21インチの外部モニタを購入しました。

入学する大学の生協がどういうパソコンを用意しているかに大きく依存しますので、しっかり確認が必要です。MS-Offcieのライセンスも忘れずに確認。

大学によっては、MacやiPad、タブレット型のMS Surfaceなども推奨されているケースもあり、さらに難しそうです。

個人的にはきちんと学ぶのであれば、MacよりWindowsパソコンがいいと思います。
(価格もWindowsのほうが安いですし)

日本企業は、事務用PCはほぼWindowsパソコンです。ベンチャーやデザイン系などは、Macが多いですが。

ウィルス対策はWindows Defenderで十分?個人ユーザの大半はDefenderで大丈夫です パソコンを新しく買って、数ヶ月すると以下のような画面が出て、ドキッとしますよね。 「今すぐ契約を更新してください」と言われても...
【Office2021対応】Office 2021/Microsoft365 の違いと選び方。どれがお得かはPC台数で決まるパソコン購入時にMicrosoft Office(マイクロソフトオフィス)をどれを買ったらいいか悩みませんか。 しかも最近...
DELL-PC 公式サイト-amazon
DELL ノートPC購入検討!Amazonと公式サイトで何が違う?パソコンを購入するとき、公式サイトや店頭にあるPCが、Amazonでも売っていてどこから購入したらいいか悩むことがありませんか。 ...