ライフ

【2021年】MS Office 2019 / Microsoft365 の違いと選び方。どれがお得かはPC台数で決まる

MS-Office選択方法

パソコン購入時にMicrosoft Office(マイクロソフトオフィス)をどれを買ったらいいか悩みませんか。

・古いマシンのMS Officeを買い替えたい。

・DELL、HP、BTOパソコン(ドスパラ、PC工房、mouseコンピュータ)で、安く自分に適したPCを購入時にMS Officeの選択が必要

しかも最近のMS Officeは、サブスクリプションが導入され、いろいろな購入方法があり分かりずらくなっています。

最近のMS Officeは、いろいろありすぎて、どれを買うべきか分かりずらい。。

名称も変更され、Google検索しても古い情報が混ざっていてゴチャゴチャ。

法人用を一緒に説明すると分かりにくくなるので、個人で購入する家庭用に絞って説明します。

Officeのライセンス形態は3種類

Microsoft Officeのライセンスの違いについて説明します。

・プリインストール版
パソコンを買ったときに最初からインストールされているものです。
パソコンの代金に含まれているイメージです。

・サブスクリプション版
ソフトを購入するのではなく、月額使用料を払って利用します。

・永続ライセンス版
従来からあるライセンス形態です。
購入すると、そのままずっと使い続けることができます。
費用は、最初のパッケージ購入時に支払う金額のみです。(一括払いです)

比較表 違いと選び方 大まかな結論

3種類のラインセスの特徴を比較します。
office2019とMicrosoft365の違いと選び方も分かると思います。

Office Personal 2019 Office Home & Business 2019 Office Personal 2019 Office Home & Business 2019 Microsoft 365 Personal
ライセンス形態 プリインストール プリインストール 永続ライセンス 永続ライセンス サブスクリプション
インストール可能台数 インストールPCのみ1台 インストールPCのみ1台 2台まで 2台まで 無制限(ログインは5台まで)
利用可能アプリ Word,
Excel
Word,
Excel,
PowerPoint
Word,
Excel
Word,
Excel,
PowerPoint
Word,
Excel,
PowerPoint,
Access,
Publisher
価格(税込) PC価格に含まれる PC価格に含まれる 32,784円 38,284円 12,984円(年額)
OneDrive容量 5GB 5GB 5GB 5GB 1TB
バージョンアップ なし なし なし なし あり

細かいライセンスの違いは、あとで記載しますのでご覧ください。

大きく分けると以下の2パターンで選択可能。

PCの所有台数が多いユーザー、最新版のOfficeが必要なケース

Microsoft 365 Personalはインストール台数に制限がなく、同時に5台まで利用可能。
PCの台数が複数台あるようなユーザーは、Microsoft 365 Personalのサブスクリプション型が価格面で最適です。

個人ユーザーで、PC1台でとりあえずMS Officeが使えればいい、バージョンは問わないケース

PCの買い替えサイクルが4,5年程度のユーザーであれば、プリインストール版Officeが付属したPCを買うのが安くなります。

バージョンアップについて
最近のOfficeは、完成度が高い(=バージョンアップしても新機能が少ない)ので、5年ぐらいはバージョンアップしなくても十分使えます。
バージョンアップできなくて個人ユーザは大きな影響はないでしょう。

微妙なのが2台利用で4、5年間使うケース

2台利用可能な永続ラインセンスが実はお得。

A)プリインストール版 (PPTなし) 20,000円 x 2台  = 40,000円
A)プリインストール版 (PPTあり) 30,000円 x 2台  = 60,000円

B)永続ライセンス版 (PPTなし)  32,784円 (2台利用可能) = 32,784円
B)永続ライセンス版 (PPTあり)  38,284円 (2台利用可能) = 38,284円

C)サブスクリプション 12,984円(年額) x 4年 = 51,936円
C)サブスクリプション 12,984円(年額) x 5年 = 64,920円

(PPT=PowerPoint)

アマゾンでは割引もあるので、もう少し安く買えますね。

プリインストール版

プリインストール版は、パソコンを買ったときに最初からインストールされているものです。

国産メーカ系(NEC、富士通、dynabookなど)を購入する場合は、MS Officeがバンドルされているモデルが多いのですが、最近では国産系メーカでも選択できるようになっています。

officeの費用は、パソコンの購入時の代金に含まれています。

プリインストール版は「インストールされていたパソコンが壊れるまで」永続的に使用することができます。ただし、最新版へのアップグレード(バージョンアップ)ができません。

買ったパソコンのみで利用可能です。
たとえマシンが壊れても他のパソコンへ移動はできません。
この制約があるので、1万円ほど安い価格設定になっているようです。(2万円前後)

一人で1台のPCしか使わないので、あればプリインストール版で問題ありません。

さらにEditionの選択ポイントとなるのは、PowerPointが必要かどうか。

使うのがExcelとWordだけでPowerPointが必要ないならPersonal
PowerPointも使うならHome&Businessを選べば大丈夫です。

ちなみにDELLで購入時のOfficeの価格は以下です。
Office Personal 2019      = 2万円
Office Home & Business 2019  = 3万円

単品で永続ライセンスを買うより安いです。

サブスクリプション版

サブスクリプションとは、使用した期間だけ代金を払う方式です。

ソフトを購入するのではなく、月額使用料を払って利用することになります。

サブスクリプション版は、以下の特徴があります。

・常に最新のOfficeが使用可能
5台のパソコンにインストール可能
・Word,Excel,Outlook,PowerPoint,Publisher,Access全て利用可能
・Office 365サービスが利用可能(クラウドストレージOneDrive 1TBなど)
・Windows PC , Mac , iPadなどのタブレットで利用可能

PowerPointやAccessなどを使う人にはお得ですが、使うパソコンは1台だけで、WordとExcelしか使わないという人には割高になります。

12,984円(年額)ですので、3年利用するとパッケージ版(永続ライセンス版)と同程度の価格となります。

永続ライセンス版

永続ライセンス版は旧来のパッケージ版です。
一度購入するとずっと使い続けることができます。

1ライセンスでパソコン2台までインストールすることが可能です。

永続ライセンスなのでずっと使い続けることは可能ですが、最新版へのアップグレード(バージョンアップ)ができません。

パソコン2台にインストールする場合は、プリインストール版を2台分買うよりも安くなります。

サブスクリプション版と比較しても、3年以上使えばサブスクリプション版より安くなります。

アップグレードできない点は多少ネックですが、古いバージョンをサポートが切れるまで使うということもありだと思います。

その他、知っていたほうがいいこと

パッケージ版とダウンロード版

パッケージ版でもインストールディスク(CD)は付属しません。

パッケージ版もプロダクトキーの書かれたパッケージ(箱)が届くだけです。

ソフトのインストールは、マイクロソフトからダウンロードしてきてインストールします。

パッケージ版は、在庫のある店舗なら現金で購入したりもできます。

Amazonも含め、いろいろなECサイトから購入できるので、パッケージ版を買うのはクレジットカードが使えない場合ぐらいですね。

最近のパソコンには MS Officeが入っていない?

10年ぐらい前までは、「パソコン使える?」=「ExcelとWord 使える?」と

パソコンの用途=オフィス用途だったので、MS Officeが入っていないパソコンはありえなかったのです。

しし、今はパソコンの用途が、オフィス用途とは限らなくなってきました。
ブラウザやアプリでいろいろできる。動画作成なども。

あと、「オフィスは高い」ということをみんなが知ってしまった。
実は「オフィスが無いと1、2万円安くなる」というのは、結構、衝撃的な事実でしたね。

オフィスソフトはプリインストールではなく、選択したいという動きになってきました。

マイクロソフト自身もサブスクリプションで継続的にお金を取りたいので、パソコン購入後にあとからサブスクリプションを買いやすくしています。

今後、パッケージ版はなくなるかもしれませんね。
Adobe(アドビ)のように徐々にパッケージ版をなくし、サブスクリプション一本にしていくかもしれません。

大学生は?

大学生に必須ソフトはマイクロソフト オフィスです。

・レポートの作成に必要です。(これがメインです)

・学科ごとに必要なソフトは授業でインストールします。

ほとんどの大学で、Word , Excel , PowerPointを使用します。
MSオフィスのライセンスを大学で用意してくれて、入学後にライセンスをもらってインストールして使う場合が多いです。

新入生で新しいパソコン購入時には、大学がMSオフィスのライセンスを用意してくれるか必ず確認しておきましょう。2、3万円出費を減らせます

大学では、マイクロソフト オフィスのWord , Excel , PowerPointを利用します。

レポート作成にWord、実験で数値を整理する時などに表計算ソフトExcel、ゼミでの発表にPowerPointを利用します。
*必ずPowerPointが含まれているライセンスを選択する必要があります。

裏技的ですが、子供が大学に行っている4年の期間は、このライセンスを使うということもできます。Microsoft365 Personalを大学が契約している場合が多いので、複数のPCにインストール可能です。
学費は払っているので権利はあります。(サブPCにインストールさせてもらいました)

生協PC
大学生向け「生協パソコン」は買うべきか?なぜ価格が高い?生協で買わない選択もあり!大学新入生向けの大学生協が推奨するパソコン(PC)は高いですよね。 入学前の不安な心理をうまく利用したなかなかの広...

まとめ

Microsoft office(Microsoft365)は、自分の利用環境で最適な選択が変わるので悩ましいです。
数年単位で全体の費用で考えないと、割高になる可能性もあります。

アマゾンでは割引もあるので、最新価格を確認して決めたほうがいいですね。