Linux

Ubuntu 24.04 LTS インストール方法(Ubuntu Desktop/Ubuntu Serverの両方を紹介)

*記事内に商品プロモーションを含む場合があります

2024年4月にリリースされた「Ubuntu 24.04 LTS」をインストールする方法を紹介します。

デスクトップ版の「Ubuntu Desktop 24.04 LTS」とサーバ用途の「Ubuntu Server 24.04 LTS」のインストール方法です。

ちなみにUbuntu Server 24.04 のインストール方法は、Ubuntu Server 20.04 や Ubuntu Server 22.04 とほぼ同じです。

Ubuntuについて

Ubuntu Desktopと Ubuntu Serverの違い

デスクトップ版はGUIがあり、オフィス系のアプリがインストールされ、マイクロソフトのWindowsみたいな使い方が可能です。

(GUIに関しては、WindowsやMacの操作性には勝てないので、過度の期待はしないように)

サーバ版はGUIなし、サーバ機能に必要なアプリのみ。リモートで使うことを前提。

■デスクトップ環境の有無

Ubuntu デスクトップ :GUIあり
Ubuntu サーバー   :GUIなし

■アプリケーション

Ubuntu デスクトップ:GUIで操作する一般的な用途(ブラウザ、オフィスツールなど)
Ubuntu サーバー :サーバー用途(ウェブサーバー、データベース、ファイルサーバなど)

Ubuntu のISOファイルをダウンロード

Ubuntuの公式サイトでISOファイルをダウンロードします。

https://jp.ubuntu.com/download

DesktopとServerで、isoファイルのサイズも大きく違います。

ubuntu-24.04-desktop-amd64.iso : 5.7GB
ubuntu-24.04-live-server-amd64.iso : 2.6GB

Ubuntu Desktopのインストール

1.Ubuntu Install アイコンを押す
起動するとこの画面が表示されます。

2.使用する言語は「日本語」を選択

3.アクセシビリティはデフォルトのままでOK

4.キーワードレイアウトは「日本語」を選択

5.「Ubuntu をインストール」でOK

6.「対話式インストール」でOK

7.オフィスツールなどをインストールしたい場合は「拡張選択」、それ以外は「既定の選択」でOK

8.ドライバが不足すると面倒なので、「グラフィックとサードパーティー製ソフトのインストール」をチェック

9.「ディスクを削除してインストール」でOK

10.「高度な機能」を選択。暗号化を使用する場合は変更する。

11.コンピュータ名とアカウントの設定。
ユーザアカウント、パスワードおよびコンピュータ名を入力します。

超重要なのでユーザ名とパスワードは忘れないように!

Ubuntuはインストール時に rootのパスワード設定は行いません。

ここで設定したユーザは sudoの権限を持っているので、root権限が必要な操作が行えます。

12.タイムゾーンの設定。 「Asia/Tokyo」を設定

13.インストール監視です。

14. マシンのスペックによりますが、10分ぐらいで完了です。

15.「既定の選択」で8.3GBを使っています。

Ubuntu Serverのインストール

デスクトップ版と違い、インストーラもGUIなしです。キー操作で入力していきます。(懐かしさを感じます。)

[TAB]キーで次の選択フィールドへ移動が可能です。

1. 言語を選択。

インストーラの言語の選択。日本語はサポートされていないので、[English]を選択して進めます。
「 English 」 にカーソルを選択して Entnerキーを押します。

2. キーボードレイアウトは「Japanese」を選択。

3. Serverの種類を選択

「Ubuntu Server」のままで、OKです。[Done]を押す。

4. ネットワークの設定。

デフォルトでは、DHCPサーバーでIPアドレスが自動で割り当てられます。
DHCPのままで問題なければ、「Done」を選択してEnterキーを押します。

固定IPの場合は、「Edit IPv4」-「Manual」で設定します。
サーバ用途なので、本番の運用では固定IPですね。

一旦、DHCPで自動で割り当てて、動作確認してあとから固定IPに変更するやり方も安全です。

5.プロキシの設定

会社で、インターネット接続にProxyサーバーを使う場合は、proxyのアドレスを入力し、[Done]を押します。

http://proxy.xxx.co.jp:8080/ などです。

Proxyが必要ない場合は、特に変更せず「Done」を選択してEnterキーを押下して下さい。

6. Ubuntuのミラーサーバーの設定。

自動で選択されるので変更する必要はありません。「Done」を選択してEnterキーを押します。

7. ストレージの設定。

変更の必要はないと思いますが、複数ディスクでRAIDを組んでいる場合などはサイズなどを確認したほうがいいです。
後で認識していないHDDディスクなどあったら困るので。

ストレージの内容をフォーマットしてインストールを続行してよいかの確認が表示されます。
インストールを続けて良い場合は [Continue]を選択した状態にしてENTERキーを押します。

8. サーバーのホスト名とユーザーの設定。
ユーザアカウント、パスワードおよびサーバー名を入力します。

Ubuntuはインストール時に rootのパスワード設定は行いません。

ここで設定したユーザは sudoの権限を持っているので、root権限が必要な操作が行えます。

rootのパスワード設定が必要ならOS起動後に、「sudo passwd root」で設定します。

9. OpenSSHサーバーパッケージのインストールをするか選択します。

「Install OpenSSH server」を選択した状態にしてSPACEキーを押すとチェックが付きます。
以下の画像は選択したあとの画面です。

OpenSSHサーバーのパッケージをインストールしない場合、インストール後にリモートでログインできなくなります。

10. インストールするスナップ(ソフト)を選択。

追加でインストールするソフトを選択します。あとから追加可能です。

11. インストールが完了するのを待ち、再起動します。[Reboot Now]を押します。

12.起動画面
再起動後 Ubuntu Server が起動され、ログイン・プロンプトが表示されます。

インストール中に設定したユーザ名とパスワードでログインすることが可能です。

クラウド上で簡単に使えるLinux VPSサービス

クラウド上のLinuxがリーズナブルな価格で即日利用可能なVPSサービスが存在します。
動作検証などで1ヶ月利用などの用途にも使えます。

Linuxサーバが不足/スペック不足!Linux VPSが解決策になる理由。開発や本番運用でも利用可能Linuxサーバを使いたいけど、自分で構築するのは面倒だし、レンタルサーバは手配も面倒で高額だし、どうしたらいいの?という方におすすめな...

Linux VPSとは?

VPSとはLinuxの仮想OS環境を提供するサービスです。

VPSで使うLinuxは、X-WindowのようなGUIがありません。

操作は、TeraTermやSSHでLinuxサーバに接続し、CUIで黒いコンソール画面にコマンドを入力する使い方になります。

Linux-OSを使うので、コマンド操作ができないと使えません。

以下のような感じです。
(正確には、Linuxは常に接続して操作するものではないので少し違いますが)
以下の画面は操作イメージです。

Windows10からTeraTermでLinuxサーバに接続して、Linuxサーバを操作しています。


プログラムはLinux側で動作しているので、クライアントPCのスペックは低くても問題ないです。
TeraTermやSSHの端末として使える程度のスペックでいいです。

最後に

最近のLinuxは、CentOS 8が変な方向に行ってCentOSは下落傾向ということもあり、Ubuntuが人気ですね。

Ubuntu Desktop と Ubuntu Server の違い。GUIが不要ならサーバ版が軽くて使いやすいUbuntu には、Ubuntu Desktop と Ubuntu Server があります。 2つを比較した情報が少ないので、公...