Linux

Ubuntu Desktop と Ubuntu Server の違い。GUIが不要ならサーバ版が軽くて使いやすい

Ubuntu には、Ubuntu Desktop と Ubuntu Server があります。

2つを比較した情報が少ないので、公式のドキュメントやインストールして調査した結果をまとめました。

最新の Ubuntu 22.04 で調査。

Ubuntuについて

Ubuntu Desktopと Ubuntu Serverの大まかな違い

デスクトップ版はGUIがあり、オフィス系のアプリがインストールされ、Windowsみたいにフロントエンドとしての使い方が可能です。

(GUIに関しては、WindowsやMacの操作性には勝てないので、過度な期待はしないように)

Ubuntu ServerはGUIなし、サーバ機能に必要なアプリのみ。リモートで使うことを前提。

■デスクトップ環境の有無

Ubuntu デスクトップ :GUIあり
Ubuntu サーバー   :GUIなし

■アプリケーション

Ubuntu デスクトップ:GUIで操作する一般的な用途(ブラウザ、オフィスツールなど)

Ubuntu サーバー:サーバー用途(ウェブサーバー、データベース、ファイルサーバなど)

必要なマシンスペック(Ubuntu 22.04)

Ubuntu Desktop 推奨スペック
・CPU : 2 GHz 以上
・メモリ: 4 GB 以上
・ディスク:25 GB 以上

Ubuntu Server  最低スペック
・CPU :  1 GHz 以上
・メモリ:  1 GB 以上
・ディスク 2.5GB 以上

Ubuntu Desktopは、GUIで操作するので快適に動作させるために最低限必要なスペックが上がります。

Ubuntu Serverは、最低限必要なスペックは低いのですが、利用する用途に応じて必要なリソース(CPU、メモリ、ディスク)は大幅に上がります。

データベース、Webサーバ、ファイルサーバなど、アクセス数や要求性能に応じて必要なリソースが変わります。

Desktop版とServer版で同じところ

・5 年間保証。LTSは、long-term support(長期サポート)の略。
無料のセキュリティアップデートおよびメンテナンスアップデートが保証されます。

・同じLinuxカーネル 5.15。OSのコアの部分は同じ。

Ubuntu Desktopの特徴

WindowsみたいにクライアントOSとして使い方が可能です。

(実用的に使えるかは、使ったことがないので分かりません)

GUI操作が可能

フリーのオフィスソフトが使える

ブラウザやメールクライアントが使える

他にもいろいろアプリが使える

Ubuntu Serverの特徴

サーバ版はGUIなし、サーバ機能に必要なアプリのみがインストールされます。
リモートでサーバとしてCUIで使うことを前提ですね。

左が、WindowsのTeraTermでリモートからUbuntuに接続した画面。

右が、Ubuntu Serverのコンソール画面。VirtualBoxで実行画面です。
サーバのコンソール画面で操作することはメンテナンス以外ないですね。
サーバマシンは、サーバ室に設置されているので。

あとがき

いろいろ調べてみて勉強になりました。

GUIのアプリを使う必要がなければ、要求スペックが低いサーバ版が使い勝手がいいです。

Ubuntu Server 22.04 インストール方法(VirualBoxにインストール)Ubuntu Server をインストールする方法を紹介します。 Ubuntu Server 22.04 をVirtual...