Linux

【AlmaLinux 9】CentOSに代わるRHELクローンOSをインストール

Red Hat Enterprise LinuxのクローンOS「AlmaLinux」のインストール手順について紹介します。

CentOS の代わりになるのは、「AlmaLinux」か「Rocky Linux」ですね。

VirtualBox 7.0でインストール確認しています。

CentOSが安定版ではなくなった

CentOS プロジェクトは方針転換をし、CentOS をダウン・ストリームビルド(RHELの更新後にアップデートを行う)からアップ・ストリームビルド(RHELの更新前にアップデートを行う)に移行しました。

CentOS Stream というプロジェクトです。

CentOSを RHELクローンの安定版として使うことはできなくなりました。

開発環境はCentOSで行い、本番運用環境はRHELという開発スタイルが不可能に。

CentOS の代わりにRHELクローンOSとして開発されたLinuxが、「AlmaLinux」と「Rocky Linux」です。

AlmaLinuxのダウンロード

AlmaLinuxの日本の公式サイトからisoファイルをダウンロードします。

AlmaLinux 【公式】
AlmaLinux

「ダウンロード」ボタンを押し、「Architecture」は、x86_64を選択します。

今回、最新のAlmaLinux 9.1 (x86_64)で確認しました。

一番近くのダウンロードサイトが表示されていますので、適当に選択します。
ファイル自体は、どこでも同じです。

AlmaLinux-9.1-x86_64-dvd.iso:

すべてのソフトを含む dvd.iso で問題ありませんが、ファイルサイズが8GBあります。

■isoの種類

AlmaLinux-X.X-x86_64-boot.iso :800MB
boot用のisoファイル。ネットワーク経由でインストールする場合に利用します。
ファイルサイズが、800MBと小さい。

AlmaLinux-X.X-x86_64-dvd.iso :8GB
全てのパッケージを網羅したisoファイル。ネットワークへの接続が不要だが8GBと容量が大きい。

AlmaLinux-X.X-x86_64-minimal.iso :1.5GB
最小限のパッケージを含めたisoファイル。ネットワークの接続は必須ではなく約1.5GBで容量が小さめ。外部ネットワーク(インターネット)に接続できる環境であれば問題ありません。

VirtualBox 仮想マシンの設定

基本的な流れは、RHEL(Red Hat Enterprise Linux)やCentOSと同じです。

VirtualBox 仮想マシンの作成

VMを「新規」に作成します。

仮想マシンの設定で、以下を選択します。

タイプ  :Linux
バージョン:Red Hat 9.x(64bit) *ここは多少違っても問題ありません。

VirtualBox 仮想ハードディスクの作成

AlmaLinux 9の場合、VirtualBox のデフォルトの8GBでは足りません。

作業領域も含めて最低 20GB以上 割り当てましょう。

ディスクサイズが8GBのまま進むと領域不足でエラーになり、領域の再割り当てなど面倒です。
この状態になったら、仮想マシンの作成からやり直して、20GB以上を割り当てたほうが簡単です。

AlmaLinux 9 のインストール

言語は「日本語」を選択します。

!が付いている項目の設定を終えると[インストール開始(B)]ボタンが押せるようになります。

インストール先の設定

[インストール先(D)]ボタンを押します。

ディスクを選択し、[完了(D)]ボタンを押します。

rootのパスワード設定

下にスクロールして、「rootのパスワード(R)」を設定します。


ここまでの設定で、ソフトのインストールを開始できます。
「インストール開始(B)」 ボタンが押せるようになっているので、押してインストールを開始します。

最初の起動で、ユーザの作成画面が表示され、ユーザを作成すればインストール完了です。

GUIで操作できる画面が表示されますが、デスクトップ画面として使うことはほぼないでしょう。

TeraTermでWindowsからログイン

VirualBox ネットワーク設定の変更

「NAT」を「ブリッジアダプター」に変更します。
変更すると、DHCPで割り当てられたIPアドレスが変わります。

Linuxのコンソールでログインして、IPアドレスを確認します。

「ip a」 で確認可能です。

接続画面

左下が、TeraTermでUbuntuの接続した画面。
右下が、Linuxのコンソール画面。(画面はUbuntuです)

VirtualBoxのコンソール画面は使いずらいので、TeraTermなどのソフトを使ったほうが便利です。

あとがき

RHEL系のLinuxのインストールの経験があれば、すんなりとインストールできますね。

他のOSのインストールは以下を参照。

Red Hat Enterprise Linux 8,9 評価版のインストール方法(VirtualBoxにインストール)Oracle VirtualBox で、Red Hat Enterprise Linux 評価版をインストールする方法を紹介します。 ...
Ubuntu Server 22.04 インストール方法(VirualBoxにインストール)Ubuntu Server をインストールする方法を紹介します。 Ubuntu Server 22.04 をVirtual...
【Rocky Linux 9】CentOSに代わるRHELクローンOSをインストールRed Hat Enterprise LinuxのクローンOSである「Rocky Linux」のインストール手順について紹介します。 ...