Linux

Ubuntu Server 22.04 インストール方法(VirualBoxにインストール)

Ubuntu Server をインストールする方法を紹介します。

Ubuntu Server 22.04 をVirtualBoxにインストールして確認しています。
(Ubuntu Server 20.04 でも全く同じです)

インストール方法自体は、物理サーバでも同じです。

Ubuntuについて

Ubuntu Desktopと Ubuntu Serverの違い

デスクトップ版はGUIがあり、オフィス系のアプリがインストールされ、Windows-OSみたいにフロントエンドとしての使い方が可能です。

(GUIに関しては、WindowsやMacの操作性には勝てないので、過度の期待はしないように)

サーバ版はGUIなし、サーバ機能に必要なアプリのみ。リモートで使うことを前提。

■デスクトップ環境の有無

デスクトップ版 :GUIあり
サーバー版   :GUIなし

■アプリケーション

デスクトップ版 :GUIで操作する一般的な用途(ブラウザ、オフィスツールなど)
サーバー版   :サーバー用途(ウェブサーバー、データベース、ファイルサーバなど)

Ubuntu のISOファイルをダウンロード

Ubuntuの公式サイトでISOファイルをダウンロードします。

https://jp.ubuntu.com/download

DesktopとServerで、isoファイルのサイズも大きく違います。

ubuntu-22.04-desktop-amd64.iso  : 3.4GB
ubuntu-22.04-live-server-amd64.iso : 1.3GB

Ubuntu Serverインストール

デスクトップ版と違い、インストーラもGUIなしです。(懐かしさを感じます。)

1. 言語を選択。

インストーラの言語の選択。日本語はサポートされていないので、[English]を選択して進めます。
「 English 」 にカーソルを選択して Entnerキーを押します。

2. キーボードレイアウトは「Japanese」を選択。

3. Serverの種類

「Ubuntu Server」のままで、OKです。[Done]を押す。

4. ネットワークの設定。

デフォルトでは、DHCPサーバーでIPアドレスが自動で割り当てられます。
DHCPのままで問題なければ、「Done」を選択してEnterキーを押します。

固定IPの場合は、「Edit IPv4」-「Manual」で設定します。
サーバ用途なので、本番の運用では固定IPですね。
一旦、DHCPで自動で割り当てて、動作確認するものありです。

5.プロキシの設定。

会社なので、インターネット接続にProxyサーバーを使う場合は、proxyのアドレスを入力し、[Done]を押します。
Proxyが必要ない場合は、特に変更せず「Done」を選択してEnterキーを押下して下さい。

6. Ubuntuのミラーサーバーの設定。

自動で選択されるので変更する必要はありません。「Done」を選択してEnterキーを押します。
(画像なしです)

7. ストレージの設定。

変更の必要ないと思いますが、複数ディスクでRAIDを組んでいる場合などはサイズなどを確認したほうがいいです。
後で認識していないHDDディスクなどあってら困るので。

ストレージの内容をフォーマットしてインストールを続行してよいかの確認が表示されます。
インストールを続けて良い場合は [Continue]を選択した状態にしてENTERキーを押します。

8. サーバーのホスト名とユーザーの設定。
アカウント、パスワードおよびサーバー名を入力します。

9. OpenSSHサーバーパッケージのインストールをするか選択します。

「Install OpenSSH server」を選択した状態にしてSPACEキーを押すとチェックが付きます。
以下の画像は選択したあとの画面です。

OpenSSHサーバーのパッケージをインストールしない場合、インストール後にリモートでログインできなくなります。
なぜ、デフォルトでインストールしないのかが疑問です。

10. 合わせてインストールするスナップを選択。

追加でインストールするソフトを選択します。あとから追加可能です。

11. インストールが完了するのを待ち、再起動します。[Reboot Now]を押します。

12.起動画面
再起動後 Ubuntu が起動され、ログインプロンプトが表示されます。

インストール中に設定したユーザ名およびパスワードでログインすることが可能です。

TeraTermでWindowsからログイン

VirualBox ネットワーク設定の変更

「NAT」を「ブリッジアダプター」に変更します。
変更すると、DHCPで割り当てられたIPアドレスが変わります。

Ubuntu Serverのコンソールでログインして、IPアドレスを確認します。

「ip a」 で確認可能です。

接続画面

左下が、TeraTermでUbuntuの接続した画面。
右下が、Ubuntu Serverのコンソール画面。

VirtualBoxのコンソール画面は使いずらいので、TeraTermなどのソフトを使ったほうが便利です。

あとがき

Ubuntu 22.04 LTSが 2022年5月にリリースされました。

最近のLinuxは、CentOS 8が変な方向に行って下落傾向ということもあり、Ubuntuが人気ですね。

Ubuntu Desktop と Ubuntu Server の違い。GUIが不要ならサーバ版が軽くて使いやすいUbuntu には、Ubuntu Desktop と Ubuntu Server があります。 2つを比較した情報が少ないので、公...