Linux

Red Hat Enterprise Linux 8,9 評価版のインストール方法(VirtualBoxにインストール)

Oracle VirtualBox で、Red Hat Enterprise Linux 評価版をインストールする方法を紹介します。

ハマりやすいポイントを中心に説明します。

Red Hat Enterprise Linux 9.0 評価版でインストール確認しました。

VirtualBox 仮想マシンの設定

VirtualBox 仮想マシンの作成

仮想マシンの設定で、以下を選択します。

タイプ  :Linux
バージョン:Red Hat(64bit)

VirtualBox 仮想ハードディスクの作成

RHEL9の場合、VirtualBox のデフォルトの8GBでは足りません。

作業領域も含めて最低 12GB以上 割り当てましょう。

ディスクサイズが8GBのまま進むと以下のように領域不足で、領域の再割り当てなど面倒です。
この状態になったら、仮想マシンの作成からやり直して、12GB以上を割り当てたほうが簡単です。

RHELインストール

!が付いている項目の設定を終えると[インストール開始(B)]ボタンが押せるようになります。

インストール先の設定

[インストール先(D)]ボタンを押します。

ディスクが割り当たっていて、エラーなどがなければ、[完了(D)]ボタンを押します。

rootのパスワード設定

下にスクロールして、「rootのパスワード(R)」を設定します。

ここまでの設定で、ソフトのインストールを開始できますが、評価ライセンス(サブスクリプション)の設定も行います。

評価ライセンス(サブスクリプション)の設定

インストール時に「Red Hatに接続(C)」で、RHELのアカウントIDとパスワードを入れると設定できます。

この操作で評価ライセンス(サブスクリプション)が有効になるのは、メニュー名から想像しずらいですが、RHEL9はこの操作で設定できます。

設定後の登録情報

インストールしてサブスクリプションを有効にした日が、開始日のようです。
60日になっていますね。

インストール開始

「インストール開始(B)」 ボタンが押せるようになっているので、押してインストールを開始します。

評価ライセンス(サブスクリプション)設定忘れの場合

評価ライセンス(サブスクリプション)の設定を行わずに、インストールを開始した場合は以下で設定可能です。

Red HatのアカウントIDとパスワードで設定可能です。

あとがき

RHELのインストールも簡単になりましたね。

Red Hat Enterprise Linux 8,9 評価版のダウンロード方法(Red Hatアカウントが必要)Red Hat Enterprise Linux(レッドハット・エンタープライズ・リナックス)、略してRHELは、レッドハット社によって...