Adobe

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)「javaScriptが無効です」でインストール失敗

Adobe Creative Cloud「JavaScriptが無効です」でインストールに失敗する。

ブラウザのJava scriptは有効になっているが、「JavaScript を有効化してください」と言われる。。。

対処方法が分かったので、紹介します。

他のアプリでも「JavaScriptが無効です」と表示された場合の対処方法も同じですね。

Adobe CC インストールでエラー

Adobe CCをインストール中に以下のエラーになります。

「JavaScriptが無効です。JavaScriptを有効化して、もう一度ログインしてください。」

Adobe CC インストール失敗

ブラウザの設定確認

デフォルトのブラウザの設定を確認する必要があります。

Adobe CCが自動で起動したブラウザです。

Edgeの設定確認

Edgeブラウザで右上の「・・・」を選択し、「設定」をクリック。

「Javascript」で検索。
普通、Javascriptは有効「許可済み」になっています。


詳細も確認。問題ありません。

Chromeの設定確認

Chromeブラウザで「設定」を開きます。

「Javascript」で検索。「サイトの設定」をクリック。

「JavaScript」をクリック。

詳細も確認。問題ありません。

インストール失敗の対処方法(回避方法)

Windowsの「インターネットのオプション」設定を変更します。

ブラウザではなく、Windows OSの設定ですね。

(1)Windowsの検索窓で、「インターネットオプション」を開く。

(2)「セキュリティ」タブを開き、「レベルのカスタマイズ(C)」をクリック。

(3)「スクリプト」の以下の2ヶ所を有効にして、[OK]を押す
・「Java アプレットのスクリプト」
・「アクティブ スクリプト」

インストールが終わった元に戻しておく。インストール後のアプリの動作には影響ありません。

Adobe CC インストール成功

以下の画面が表示されたら、成功です。

「インターネットのオプション」設定が効いています。

「インストールを開始」を押して、インストールが完了するまで待つだけです。

最後に

マシンの設定によってはハマると思いますが、あまり情報はありませんね。

Adobe Creative Cloud(Adobe CC)1ライセンスを2台で使える? 複数台で活用する方法 アドビの公式サイトの情報 アドビアプリを別のコンピューターにインストールできますか(公式サイトの情報) 1 つのライセン...