ブログ奮闘記

Google AdSense で広告配信が制限された!原因&対策

Google AdSense 広告配信制限

記事を公開した後に Google AdSense 広告が表示されてないから、
おかしいなと調べていたら以下のメールがGoogleから来ました。

「お客様のAdSense アカウントでの広告配信を制限しました」

まだまだアクセスも少ない状況でしたが、たまに広告がクリックされていて、Google AdSenseのページで確認するのが楽しみでした。
なぜ、、制限?

停止から復活までの流れ

Googleからメールが届く

「お客様の AdSense アカウントでの広告配信を制限しました」

先日、お客様の AdSense アカウントで無効なトラフィックが検出されました。Google ではこの事態を受け、お客様のアカウントでの広告配信を制限いたしました。今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限は Google 側で自動的に見直しおよび更新されます。

Google AdSense ポリシーセンターで確認

△広告配信が制限されています

表示できる広告の数が制限されています

詳細
お客様のアカウントでの広告配信は、無効なトラフィックの問題により現在制限されています。今後もお客様のサイトのトラフィックは継続的にモニタリングされ、配信制限は Google 側で自動的に見直しおよび更新されます。詳しくは、広告配信の制限についての記事をご覧ください。

対応策
広告トラフィックとサイト訪問者を把握してください。ご自分の広告は決してクリックせず、信頼できない業者、質の悪い業者との提携を避けましょう。詳しくは、無効なトラフィックを防止する方法についての記事をご覧ください。通常、この広告配信の制限がお客様に影響を与える期間は 30 日未満ですが、それ以上となる場合もあります。

Google Search Consoleで不正なアクセスがないか確認する

Google Search Console を設定していれば、表示回数やクリック数などを確認し、不正なアクセスがないか確認したほうがいいです。

制限期間は?

2週間ぐらいで解除され、広告表示が復活しました。
メールでの連絡はありませんでしたが、Google AdSense にログインして確認すると広告配信が制限されている表示は消えていました。

原因は?

AdSenseのヘルプ「無効なトラフィックを防止する方法」を確認すると以下の記載があります。

・どのような場合でも、自分のサイト内の広告をクリックしない
広告に関心がある場合や、リンク先 URL を確認したい場合でも、自分自身の広告をクリックすることは禁止されています。
サイト運営者様がサイトでの収益や広告主様の費用を増やすためにご自身のサイトで広告をクリックしていると判断された場合は、広告主様を保護するためにアカウントを無効にさせていただく場合があります。

・広告の掲載方法を念入りに確認する
広告の掲載方法をカスタマイズすると、意図しない広告リクエストが発生する場合があります。

広告の位置やサイズ調整を行い、自分のパソコンとスマホで何度かクリックしたのがいけなかったようです。
Google AdSense や Google Search Console の表示がどう変わるか見たかったので、合計10回ほどクリックしたと思います。
たぶん自爆です。

他にもこんなケース

・友達や家族からの連続クリック
”広告クリックして”と依頼してはいけない

・クリック誘導
広告の下に「↑クリックしてね」などの表示

・アドセンス狩り
他者による悪意ある連続クリック。
プラグイン「AdSense Invalid Click Protector」などで悪意のあるクリックを防げます。私も導入しました。

まとめ

1クリックで20円前後なので対した利益にならないので、自分で広告を押すのはやめましょう。
悪質だと判断された場合は、アカウントを無効にされる場合もあります。
アドセンス狩りというものがあり、やられたら最悪なので対策しておきましょう。