Windows

Windows10 IME オン/オフのキーの割り当てを変更する

Windowsの文字入力で、半角から全角(日本語)に切り替えるときに使う[半角/全角]キーが押しづらいですよね。

(パソコンで日本語を入力する機能を 「IME(アイ・エム・イー)」と呼びます。)

うまく押せた場合も左手がホームポジションから離れるので、切り替え時の操作ミスや入力速度の低下を招きます。

・特にプログラムを書くような作業の場合など (ソースコードを英数字、コメントを日本語で入力切替)
・IT系の英語のキーワードと日本語が混在した文書を書く場合など

標準では、「半角/全角・漢字」ボタンを押すたびにIMEオン・オフが切り替わる設定になっていますが、別のキーに変更可能です。

私は、スペースキーの右側の「変換」キーを押すと”IME-オン/オフ”が切り替えるように設定しています。
これにより、左手がホームポジションから離れることがなく、操作ミスやタイムロスを防ぐことができます。

キーボード
左手を動かさずに右手の親指で素早く押すことができるようになります。

<参考>
以下のようにIMEオンをオフを別のキーに割り当てることも可能です。
・スペースキーの左側の「無変換」キーを押すと[IMEオフ](半角英数)
・スペースキーの右側の「変換」キーを押すと[IMEオン](日本語入力)

IMEのプロパティを開く

Windowsのタスクバーから、IMEのプロパティを選択します。
タスクバーの右下の「あ」や「A」が表示されているところを右クリックでダイアログが表示されます。

次に「プロパティ」を選択します。

IMEの設定を表示する

IMEの設定画面が表示されたら、[詳細設定]ボタンを押します。

キー設定を行う

「ユーザ定義」の [変更]ボタンを押すと下のダイアログが表示されます。
スペースキーの右側の「変換」キーを押すと[IME]のオン・オフを切り替える設定にします。
IMEキー設定

一番左側の「キー」が「変換」行の「入力/変換済み文字なし」のセルをクリックすると以下の機能選択ダイアログが表示されます。

IME キー設定

割り当てたい機能を選択します。今回の場合は[IME-オン/オフ]を選択します。
あとは、[OK]を押せば設定が反映されます。
スペースキーの左側の「無変換」キーを押すとIMEのオン・オフが切り替わるはずです。

まとめ

IMEには他にもカスタマイズできる機能があるので、いろいろ調べてみるのも面白いですね。