Windows

Windows Update失敗(Officeが更新できない)0x80070663 エラー

WindowsUpate失敗

Windows 10 の Windows Update で、エラー 0x80070663 で失敗することがあります。

Microsoft Office の更新プログラムのインストールでエラーになっている場合、今回紹介する対応でうまくいく可能性が高いです。

Officeの修正なので、Windows本体のセキュリティ更新と比べると緊急度は低いですが、

会社のマシンは、ある期日までにインストールしないと会社のネットワークから隔離されるという素晴らしい?ソフトのおかげて焦りました。。

Windows Update で Officeの更新プログラムで失敗

Windows Update で Officeの更新プログラムのインストールで失敗します。

Microsoft Office 2016 (KB5001920) セキュリティ更新プログラム – エラー 0x80070663

KBxxxxxxx は、更新プログラムの番号なのでUpdateのタイミングで番号は変わります。

WindowUpdate-error-0x800706630

直接ダウンロードしてインストールしてみる

Windows Updateが悪いのか、更新プログラム自体が悪いのかが分からないので、直接、更新プログラムをダウンロードしてインストールしてみます。

Windows Update では、内部で更新プログラムをダウンロードしてインストールしています。
直接ダウンロードしてインストールしても問題ない仕組みとなっています。

なお、ダウンロードしてインストールせずに、次の対処方法を実施しても問題ありません。

Googleで「KB5001920 ダウンロード」で検索します。

大体、一番最初にヒットします。今回の場合は以下になります。

「2021 年 5 月 12 日の Office 2016 用のセキュリティ更新プログラムについて (KB5001920)」

以下のようなリンクがあるはずです。そこからダウンロードサイトに行けます。
・ Office 2016 (32 ビット版) のセキュリティ更新プログラム 5001920 をダウンロード
・ Office 2016 (64 ビット版) のセキュリティ更新プログラム 5001920 をダウンロード

使っているOfficeが32ビット版か64ビット版か分からずに間違ってインストールしても最初のバージョンチェックでエラーなるだけで実害はありません。

ファイルは以下のような感じです。
KB5001918 、KB5001919 、KB5001920 をダウンロードしました。

Office更新プログラム

実行するとすぐに「検出中にエラーが発生しました。」で失敗します。

KB5001920-error

他のファイルをインストールしても同じエラーなので、何か管理情報がおかしそうです。

0x80070663エラーの対処方法

Officeの修復を実施すれば、更新プログラムのインストールできるようになります。
(正確には回復できない場合もありそうです。)

「修復」でダメなら、officeをアンインストールして、再インストールしかないです。

Windowsの設定を開き、「システム」ー「アプリと機能」を選択します。
アプリ名に「office」と入力するとoffice関連のソフトが表示されます。

Windows アプリと機能

[変更]ボタンを押します。
office修復1

Office のインストールオプションの変更画面になるので、「修復」を選択し「続行」ボタンを押します。

<Office2016の場合>
office2016修復

<Office2019の場合>
office2019修復

Office2016の修復中の画面は以下です。
マシンのスペックに依存しますが、15分ほどで終わりました。
Office2016修復中

エラーになっていた、KB5001920のダウンロードファイルが無事インストールできました。

KB5001920-install-OK

まとめ

Windows Update で Office 関連でエラーの場合は、まず、officeの「修復」を試してみましょう。

私もWindows歴は20数年ですが、officeの修復機能があると知りませんでした。

以下の記事に書いた問題の場合もあるので、ご参照ください。

https://relax-tech.net/windows-upadate-error/