Tech

TeraTermで自動でログを残す方法

TeraTermログ設定-eyeCatch

TeraTermで、作業ログを自動で残す方法を紹介します。

毎回設定するのは面倒なのと、何かあったときの記録に使えて便利です。

画面から表示が消えてもログに保存されているので、いろいろ重宝します。

設定方法

「設定」メニューから「その他の設定」を選択。

TeraTerm設定

続いて「その他の設定」画面から「ログ」タブを選択。

TeraTermログ設定

「ログ」タブで3箇所の設定部分の修正・設定を行ないます。

(1)標準ログファイル名(strftimeフォーマット可)
  ログファイルのフォーマットを設定します。

&h_%Y%m%d_%H%M%S.log  

(2)標準のログ保存先フォルダ → ログの保存先を設定します。

(3)自動的にログ採取を開始するのチェックボックスをON

IPアドレスもしくはホスト名_YYYYYMMDD_hhmmss.log

(例) 2021/7/22 19:23:47 に 192.168.0.5 に接続した場合、ファイル名は以下になります。
192.168.0.5_20210722_193147.log
 

ターミナルの表示変更

ログとは関係ありませんが、

マシン名やコマンドに実行時間があったほうが便利なので、
マシン名と時間を残すために以下をターミナルに設定します

PS1=’\[\e[1;36m\][\d \t \u@\h \w]\$\[\e[m\] ‘

TeraTermコンソール設定

.bash_profileファイルに記載しておけば、毎回設定する必要はありません。