Tech

DELLのノートPCは、なぜ遅い、重たい(HDDが遅い)

利用中のデルのノートPCが、なぜ遅いのかを調査した際のまとめ記事です。

いろいろ実験したマシンは、Inspiron 17 5000(5759) HDD(ハードディスク)モデルです。5、6年ぐらい前の機種になります。

会社のHDD搭載ノートPC(dynabook)でも同様の現象が発生していたので、ノートPC共通の問題だと思います。

理由と対処方法をまとめました。5年ぐらいのDELLのノートPCなら適用可能です。

私のノートPCは劇的に速くなりました。

Windows の起動が遅く、電源を押して操作できるまで数分かかる。

Windows Updateを適用するといつ終わるか分からない。

Excelの起動に30秒以上待たされる。

何をやるにも動作が重い。。。

CPUはCore i7で高速なはずなのに、なぜ遅い。。。

PCに付いていたHDD(ハードディスク)

DellのノートPCに搭載されていたHDDは、SEAGATE社のST1000LM024 というモデルです。
(Googleで検索すると細かい情報を確認可能です)

ノートPCのHDDとしては、普通のスペックですね。
・容量:1TB
・インターフェイス:Serial ATA300

パフォーマンス
・平均シーク時間: 12 ms
・I/Oデータ転送速度:最大(MB/秒) 600 MB/s
・最大連続転送速度: 145MB/s
・回転速度: 5400RPM

Dell Inspiron 5759 HDD

内蔵ディスクの種類を調べる方法

Windows-PCの内蔵ディスクの種類を調べる方法です。
ディスクの種類が分からない場合は、タスクマネージャーでディスクの型番を確認できます。

タスクマネージャーを起動し、[パフォーマンス]-[ディスク]を選択すると右上に型番が表示されます。

このキーワードでGoogle検索するとディスクの種類を確認できます。

以下の場合、「SanDisk SDSSDH3500G」は、サンディスクの内蔵2.5インチのSSDです。

HDDとSSD換装後の性能差

HDDをSSDに交換(換装)しました。

ディスクの性能測定ツール CrystalDiskMark での測定結果です。

Vectorからダウンロードできるので、遅いと悩んでいる方はディスクの性能を測ったほうがいいですね。
使い方は簡単です。CrystalDiskMark ダウンロード(Vector)

CrystalDiskMark
HDD搭載PCが遅いときに CrystalDiskMarkで速度調査!パソコンが遅い感じたら、まず、ディスクの性能を見てみましょう。 CrystalDiskMarkで読み書きの速度を簡単に測定可能です...

左がHDD、右がSSDです。
SSDに変更したら劇的に速くなりました。この数値を見たら納得!!

HDDvsSSD

HDDの下の2項目(RND4K)の数値が低いのは、小さな単位の読み書きが遅いということです。

Windowsでファイルの読み込みが遅いのでOSの起動が遅い、アプリの起動が遅いなどが発生します。
ウィルス対策ソフトが、ファイルをチェックするときは一段と遅いですね。

書き込みも遅いので、ファイルを保存するときや、Windows updateなどファイルの更新があると極端に遅くなります。

ちなみに入れ替えたSSDは以下です。内蔵2.5インチの SATA3.0のSSDです。

SSDに交換してみる

SSDへの交換作業自体はそんなに難しくないです。SSDに交換するとPCが遅い問題がほぼ解決します。

具体的な手順は以下で確認できます。↓

Dell Inspiron 5759 SSD換装
【性能問題解消】Dell Inspiron 17 5000(5759) HDDからSSDへ換装2015年に購入したデルの17インチノートPCのHDDからSSDへの取り換え(換装)方法です。 Inspiron 17 5000(...

2015年ー2019年に購入し、HDDを搭載したDELLのノートPCなら高い確率でSSDに交換可能です。

以下の記事に具体的な機種とSSDの変更可能かの確認方法や本体の開け方も載せています。↓

【まだ使える】2016年前後の遅いDELLノートPC Inspiron のHDDをSSDへ交換5、6年前のデルのノートPCは、HDDをSSDへ交換することで、まだ現役で利用可能です。 2015年、2016年、2017年のDE...

以下の機種は、HDDをSSDに変更可能と思います。

【2015年の製品】
・DELL Inspiron 15 3000(3542)15.6型HDの低価格ノート。
・DELL Inspiron 15 5000 (5558) コスパに優れた15.6型ノート。
・DELL Inspiron 15 7000(7548)4K液晶も選択可能な15.6型。
【2016年の製品】
・DELL Inspiron 15 5000(5567)第7世代CPU 15.6型フルHDノート
・DELL Inspiron 17 5000(5767)第7世代CPU CPU搭載の17.3型ノート
・DELL Inspiron 15 7000 (7559) GTX960Mを搭載する15.6型のゲーミングノート
・DELL Inspiron 17 5000(5759)第6世代CPU搭載の17.3型ノート
【2017年の製品】
・DELL Inspiron 15 3000(3567)基本機能を備えたリーズナブルな15.6型ノート
・DELL Inspiron 15 5000(5570) 第8世代CPU搭載のスリムな15.6型ノート
・DELL Inspiron 15 5000(5567)SSDも選択可能
【2018年の製品】
・DELL Inspiron 15 3000(3580)15インチ格安PC SSDも選択可能
・DELL Inspiron 15 3000(3581)15インチ格安PC SSDも選択可能

(購入時にSSDを選択している場合もありますので、「内蔵ディスクの種類を調べる方法」で確認してください)

他のPCにHDDを接続して確認

もしかして、HDDとPCの相性の問題かと思い、別のスペックが高いデスクトップPC(Core i5-9400)に接続した測定結果が以下です。

左側が元のDellマシンで測定、右側がスペックが高いマシンで測定した結果。

HDD測定-PC変更

ほぼ変化なしです。
PC側の問題ではなく、HDD(ハードディスク)自体が遅いですね。

参考までに M.2 SSDの性能

2.5インチ内蔵SSD(SATA3) と M.2 NVMe SSD の比較。(別PCです)

SSD(SATA3) vs M.2-SSD

最近のPCには、SATAのSSDではなく、M.2 NVMe タイプのSSDが搭載されています。

ちなみに体感速度は?

・HDDから2.5インチSSD → 超速い。体感可能
・HDDから M.2 SSD → 超速い。体感可能
・2.5インチSSDから M.2 SSD → なんか少し速くなったような…

まとめ

安くてもノートPCでHDD(ハードディスク)搭載マシンは買ってはいけませんね。
最近のノートPCは、SSDが標準になってきているので、このHDD問題に遭遇することは少ないと思います。

4,5年前は、まだHDDが主流だったことと、Windowsの重たさやウィルス対策ソフトなどの処理の重たさなどが重なり、HDD搭載ノートPCは実用に耐えなくなりましたね。

HDD搭載のPCで遅い問題は、SSDに交換することでほぼ解決します。
チャレンジしてみてはどうでしょうか。

【まだ使える】2016年前後の遅いDELLノートPC Inspiron のHDDをSSDへ交換5、6年前のデルのノートPCは、HDDをSSDへ交換することで、まだ現役で利用可能です。 2015年、2016年、2017年のDE...
Dell Inspiron 5759 SSD換装
【性能問題解消】Dell Inspiron 17 5000(5759) HDDからSSDへ換装2015年に購入したデルの17インチノートPCのHDDからSSDへの取り換え(換装)方法です。 Inspiron 17 5000(...